CLOSE
  • 濱野谷憲吾
    3590/東京・関東地区
  • 松井  繁
    3415/大阪・近畿地区
  • 山口  剛
    4205/広島・中国地区
  • 瓜生 正義
    3783/福岡・九州地区
  • 深谷 知博
    4524/静岡・東海地区
  • 遠藤 エミ
    4502/滋賀・近畿地区
  • 毒島  誠
    4238/群馬・関東地区
  • 寺田  祥
    3942/山口・中国地区
  • 原田 幸哉
    3779/長崎・九州地区
  • 馬場 貴也
    4262/滋賀・近畿地区
  • 井口 佳典
    4024/三重・東海地区
  • 永井 彪也
    4688/東京・関東地区

 SGグランプリまで2カ月を切り出場枠のベスト18、トライアル2nd発進のベスト6入りとグランプリロードは終盤を迎えている。今節には賞金ランキング(SGボートレースメモリアル終了時点)のトップ6のうち1位・山口剛(広島)、2位・原田幸哉(長崎)、4位・馬場貴也(滋賀)、6位・遠藤エミ(滋賀)と4名参戦だ。
 現在トップの山口はグランプリ出場となれば2010年以来で、自身初の2nd発進が視野に入る。その2010年には当地ボートレースクラシックでSG覇者の仲間入り。思い出の水面で賞金の上積みを図る。
 原田も当地は2002年のボートレースダービーでSG初制覇と思い入れのある水面。獲得賞金1位での地元大村グランプリ出場へ集中力を高める。今年G1で6優出2Vの馬場に、女子初のグランプリ出場を2ndから狙う遠藤と滋賀勢も気合い十分だ。
 毒島誠(群馬)はSGボートレースダービー後にフライング休みがあり、上位6人に入るためには勝負所。昨年の賞金王であり選手会長の瓜生正義(福岡)もボーダー付近からの浮上を狙う。
 磯部誠(愛知)、羽野直也(福岡)、関浩哉(群馬)もグランプリ初出場へスパートをかける。
 東京勢は山田哲也(東京)、福来剛(東京)がグランプリ出場へ優勝で望みを繋ぐ。濱野谷憲吾(東京)、石渡鉄兵(東京)、永井彪也(東京)も、来年の当地SGボートレースクラシック出場をここで決めたい。67周年で涙のG1初Vを飾った栗城匠(東京)は連覇に挑戦。その栗城とは118期で同期の宮之原輝紀(東京)もG1奪取に燃える。
 同時期に開催された66周年は序盤こそ風向きが変化したが、3日目以降は向かい風で時折強めとダッシュ向きの風が吹いた。コース別1着率は1コースが1着率45.0%とG1でも苦戦。2コースが21.1%で、その次は4コースの12.5%、5コースも11.1%と4コースが攻める展開も多い。3連単万舟券は出現率36.1%と3レースに1回は高配当が飛び出した。その要因がインの大敗で、1コースは4着以下が26.4%と高い。着外になった19回のうち14回は3連単万舟券と、思い切ってインを消せるのも平和島舟券の特徴だ。

写真を投稿される際にはこちらの撮影ルールを遵守いただきますようお願いいたします。

9/9NEWS特設サイトOPEN!

9/18NEWS特別企画第1弾OPEN!

9/20NEWS選手紹介式の実施について