Tokyo-Splashメンバーの素顔を解き明かすSPLASH☆TALK。
レーサーとしての一面とプライベートな一面の2本立てでお届けします。
今回は新婚ホヤホヤで公私ともに充実している後藤翔之選手が登場。
奥さまとの出会いや休日の過ごし方についてお話いただきました。
[取材日:2015年7月31日]
Racer
Private

── 2015年の調子はいかがですか?

まずまずって感じです。

── 2014年は5優出V1、2015年は10優出V2と調子はいいと思いますが。※2015年7月31日時点。

周りから見たらそうかもしれないですけど、自分ではわりといい方かなって思うくらいです。というのも2012年にフライングを3回して2013年がB2の年だったんですよ。だから2013年はB2からA1に戻るために、事故点やフライングにとても気を使って思うようなレースができませんでした。2014年にA1に戻ってからは事故点を気にしつつもいつも通りのレースができるようになり、それが今年結果として出てきたっていう感じですね。

── ちょうど前節(7/29)に福岡でG1初優出を遂げていますよね。レースの感想は?

前節はとても流れが良かったです。G1で3連勝なんてめったにできませんから。ただ優勝戦で勝てなかったことは悔しいです。仮にもし優勝できていたらおそらく「今年は最高ですね」って言っていたと思います(笑)。

── 福岡は相当気合が入っていたのでは?

実はそんなに…。一般戦は優出も重ねているし気持ち的にも楽なのですが、G1はマイナスのイメージが強くてこのレースに行く前は「あぁ〜記念かぁ…ストレスも溜まるし、勝率も下がるしあんまり行きたくないな〜」なんて思っていたんです(苦笑)。でも好成績で終わることができて今は「なんでこのあと記念レース入ってないんだよ〜」って思っています。嫁さんも「あれだけ行きたくないって言っていたのに帰ってきたら悔しい悔しいうるさいなぁ」って呆れていました(笑)。さんざんマイナス思考だったのに、今は気合バリバリです。

── 次のG1というとヤングダービーですね。

今のモチベーションなら頑張れそうな気がします。ヤングダービーに優勝したらSGグランプリシリーズに出られるチャンスも増すので、また優勝戦に乗りたいです!

── 今までで印象に残っているレースはありますか?

初優出、初優勝した2008年の下関一般戦ですね。その時は優勝戦に乗ったことに満足してレースに集中しきれていなくて…でも楽しめたらいいかなと思ってレースに臨みました。そうしたら6コースからまくり差して初優勝! めちゃくちゃ嬉しかったです。実はG1福岡優勝戦も同じ気持ちで挑んだら全く同様のシーンがあって「これはイケる!」と直感しました。でも旋回後にバランスを崩して失速。本当に悔しかったです。今回のことで、僕は意気込んでレースに臨むよりも楽しむ気持ちを大事にした方が良い結果が出るんだなってことが分かりました。僕の場合は気負いしすぎると悪い方にしか結果が出ないので。

── 自分の強みは何だと思いますか?

立ち直りが早いことですかね。落ち込みやすいんですけど、自分で気持ちを立ち直らせようと忘れる方向に持っていきます。以前占いへ行った時に「あなたは普通の人よりも失敗がものすごく多いですね。でも普通の人が大きな失敗をたくさんしたら挫折してしまうけれども、あなたはそれを越えていける人です」って言われたんですよ。なので、これが強みなんじゃないかなと思っています。

── 弱みは?

転覆や落水の数がぶっちぎりで多いことです。仕事での失敗は忘れたらダメですけど、引きずらないで前向きに改善できるよう努力しています。

── ライバルはいますか?

深谷知博や同期の篠崎仁志かな。ようやく同じ舞台に立てたなという感じがしています。二人のことは元々ライバルとは思っていなくて目標でした。G1優出を機に少しだけ差が縮まったような気がしましたね。

── 尊敬するレーサーはいますか?

師匠(柾田敏行さん)です。この前久しぶりにお会いしたらすごく痩せてらして、思わず「どうしたんですか?」って聞いたんです。そうしたら「最近、毎朝5時に起きて走っているんだよ。何の努力もせずに成績が落ちるのは悔しいからね」って。今年62歳ですよ! それなのに体重を49キロまで落として、結果を出している。改めて師匠のレーサーとしてのプライドに胸を打たれましたし、僕ももっと努力しようと誓いました。

── ご自分の性格は?

人見知りです。1対1だと喋れるんですけど、複数になると全然話せないです。どのタイミングで話に加わればよいのか分からない。合コンとか行ったら超つまんない奴だと思いますよ(笑)。

▲地元の友だちとスノーボードに行った時の写真

── 休日は何をしていますか?

その質問難しいんですよ。基本的に一週間仕事、2〜3日休み、一週間仕事っていうサイクルで生活しているので、休みの日は書類に目を通したり、買い物に行ったり、旅行に行ったり、飲みに行ったり一定していないです。趣味があればそれを答えるんですけど……でもスノボは子供の頃から、毎年行っています。
ほかには、この半年は英語を勉強しているかな。休みの日に英会話のプライベートレッスンを受けています。今まであまり海外旅行に行ったことが無かったから行きたいっていう理由と宿舎が暇だからという理由で習い始めました。最初は単語で話していましたが、少しずつ自然に文章が口から出てスムーズに会話できるようになってきました。それがすごく嬉しいですし、楽しいです。

▲地元の友だちとスノーボードに行った時の写真

── 仲良い先輩、同期、後輩はいますか?

中野次郎さんです。一年前まではよくご飯に行っていました。最近は関西に引っ越されたので、なかなか会えなくなってしまいました。

── 奥さまとの出会いは中野次郎さんがきっかけとお聞きしました。

初めて彼女と会ったのは次郎さんに食事会に誘っていただいた時です。その時はお互いパートナーがいて、ただご飯を食べただけ。そのあと共通の友達の結婚式で再会して連絡をとるようになりましたね。

── 結婚に関してご家族からの反応は?

婚約の報告をしたら驚かれましたけど、すぐに「おめでとう!」って喜んでくれましたよ。家族とは面識がありましたし、弟(隼之)も彼女と仲良くなっていたし、母や妹(美翼)からは「結婚とかどうするの〜?」なんて言われていましたからね。

── 結婚されて進境の変化はありますか?

ないです。

── お子さんが生まれると変わるかもしれないですね。

どうなんですかね。でも子どもは大好きですし、欲しいです。男の子ならスノボに連れて行ったり、海に連れて行ったりして遊べるなぁと思っていたんですが、最近女の子も可愛いなぁって。この前、嫁さんの姪っ子のところに遊びに行ったら、その女の子に恋されちゃったんです。べったり離れないし、「しょうし」って名前が覚えられなくてずっと「しょーえいくん、しょーえいくん」って呼ばれて……可愛すぎて女の子でもいいかもと思うようになりました(笑)。

▲大阪旅行の一枚

── 奥さまとは何をして過ごしていますか?

二人とも電車が嫌いなので、車に乗っていることが多いですね。この前も一緒に動物園に行きました。旅行が好きで、大阪にも行きましたよ。一緒に食べ歩きしたり、ユニバーサルスタジオジャパンに行ったり、とても楽しかったです!

▲大阪旅行の一枚

── 幸せですね。羨ましいです。

そうですね。仕事も結婚生活も頑張ります。

── 目標

SGに出る権利を掴みます!

── 課題

一般戦で5回優勝するか、G1獲るか、もしくは少しでも多くG1の優勝戦に乗るってことですね。SGに出るって目標に向かってどんなレースにも全力で挑戦します。