Tokyo-Splashメンバーの素顔を解き明かすSPLASH☆TALK。
レーサーとしての一面とプライベートな一面の2本立てでお届けします。
第4回は爽やかな笑顔でファンを魅了するイケメンレーサー・中野次郎選手。
今の心境、そして今後の展望について語っていただきました。
[取材日:2014年8月21日]
Racer
Private

―― 今年は地元・平和島でグランプリが開催されますが、意識はしていますか?

今年の5月くらいまではあまり気にしていなくて、平和島のG1で活躍できてから(優出2着)意識し始めました。僕の今の実力ではグランプリどころかグランプリシリーズさえ出場できる自信がなかったんですけど、この時の仕上がりがいつもできれば年末の平和島イケるかもしれないって。でも、意気込んだ矢先に江戸川でフライングしてしまって……。意識をすることが事故に繋がってしまったと思うので、今はあまり考えないようにしています。

今年で選手生活14年、挫折を感じたことはありますか?

自分の中で壁にぶちあたった時期が2回あります。1回目は2007年に江戸川、丸亀とG1準優で連続してフライングを切った時。これは気持ちが焦っていたんだと思います。2回目は今のペラ制度になってからF2した時です。2回目は気持ちもそうだし、ほかの原因がいろいろありました。うーん……未だに思うようなレースができていない感じがあります。自分の納得した仕上がりで負ける分には、自分のテクニック不足だなぁ、焦っていたなぁと気持ちの整理がつくんですけど、今の状態はイケるなと自信を持ってレースに行くのにレースの感触は180度違ったりして、ズレすぎているところがあるんです。……苦しいですね。

―― ここ最近はレースで苦しむことが多いですか?

5月の平和島の記念は納得した形で挑めたと思っていたんですが、その後のレースは同じようにやってもうまくいかなかったりして。前までは、自分なりにすごく良い仕上がりの時に、それで成績が悪くても原因が分かっていたんですよ。今は何がどう間違っているのかよく分からない状況です。

―― 今は調子が良くないということですか?

調子が良くないかというと、そうでもないんですよね。元々そんなにすごい成績を残しているわけでもないので。納得したレースができていないというか、何というか……問題点が分かっていない、自己分析ができていない感じですね。なぜ勝てたのか、なぜ負けたのかが掴みにくいです。

―― ご自分の強みは何でしょうか。

何でしょう……八方美人なところかな。今までレースで突っ込まれたりとか無理な前付けをされたことがないんです。なので、憎まれてはいないのかな、嫌われてはいないのかなとは思いますかね。あと、感情の起伏があまりないかな。言う時は言いますが、激しく怒ったりはしないし、シビアになったりもしないので、周りからは楽しそうにやっていると思われているかもしれませんね。

―― では弱みは?

いっぱいありますよ(苦笑)。八方美人は強みであり、弱みです。気疲れするんですよ、でもそれがプラスになる時も多々あるから一長一短ですね。

―― 中野選手はすごく社交的な印象があります。

あぁ〜確かに角谷(健吾)さんによく「濱ちゃん(濱野谷憲吾さん)は絶対サラリーマンできないけど、次郎はできるよな(笑)」って言われます。褒め言葉なんですかね(笑)? でも結局、性格なんて関係ないんですよ。結果を出せばその人の持つ性格や手法が評価されるわけですし、弱いのに偉そうなこと言ったり、やったりしても誰も相手にしてくれませんから……結果が欲しいです。

―― 中野選手が求める結果とは?

自分が思い描いたレースをして、勝ちたい。タイトルを獲っても納得のいくレースをしての結果じゃないと。その反面、すごいレースをしても2着では意味がないし。素晴らしいレースをして優勝することが結果を出すということじゃないですかね。

―― 仲の良い先輩、同期、後輩の方はいらっしゃいますか?

乙津(康志)さん、濱野谷さん、角谷さん、飯山(泰)さんなどペラグループ(O2ブランド)の先輩は仲良くさせていただいています。同期だったら吉田(俊彦)くんと萩原(秀人)、市橋(卓士)、森永(淳)とか。一期上だとやっぱり湯川(浩司)さんが一番仲良いかなぁ。あと相手をしてくれるのは濱野谷さんと仲良くて飯山さんと同期の池田浩二さんに、山崎智也さん。後輩なら(山田)哲也、(永井)彪也……東京支部の後輩とは基本、仲が良いです。

―― T-SPLASHメンバーでは誰と仲が良いですか?

女子メンバーはあまり関わりが無いんですけど、男子メンバーとはみんな仲良いですよ。このメンバーの中でLINEをしているのは、濱野谷さんと長田(頼宗)と哲也と(後藤)翔之と彪也かな。もうね、しょっちゅう哲也からふざけたLINEが来るんですよ! 動くLINEスタンプがあってそれを20件ぐらい送ってくるんです。飯山さんも一時期、新しいスタンプが発売されるとすぐ購入して僕に送ってきていました! どちらが先に購入して送るかって対決をしていましたね(笑)。

▲中野夫妻で韓国を旅行した時の写真

―― 私生活で選手と遊びますか?

遊ぶならやっぱりペラグループになってきますよね。以前はBBQに行ったり、飯山さんや須藤(博倫)とかと自転車に乗ったりしていましたが、結婚してからはなかなか…。昨日は吉田くんが前泊していて呼び出されて飲みに行ったんですけど、奥さんから「帰ってきなさい」ってLINEが来て、遅くなるとケンカになるので早めに帰りました(笑)。

―― お休みは奥さまと過ごされることが多いんですか?

ずっと一緒に居ますよ。今、嫁さんが妊娠中なので、外には出ず掃除したり、洗濯したり、ベランダで犬と遊んだり、携帯ゲームをして過ごしています。でもこの間、嫁さんと母を連れて韓国に行きましたね。母はいろいろ観光したみたいで、僕ら夫婦はカジノや北朝鮮との国境へ。けっこう緊迫していたんですけど、行って良かったですね。

▲中野夫妻で韓国を旅行した時の写真

―― 結婚する前と後で変化はありますか?

付き合ってすぐに結婚しようって話していたので、結婚前と後で変化はないかなぁ〜。でも、子どもができたらいろんなことが変わってくるんだろうなって感覚はあります。

―― 来年の1月にはお子さんが生まれますしね!

嫁さんがめちゃくちゃ張り切っています。予定では女の子で、すでに名前を決めたり、洋服や育児グッズを買いそろえたりしているんですよ。男の子なら自分がサッカーをやっていたので、サッカーとかキャッチボールとか教えたかったですけど、もし女の子が生まれてくるならいろんなところに連れて行ってあげたい。あと、嫁さんがしっかりしつけをすると思うので、その分僕が優しくしてあげたいです。今の夢は尊敬される父親ですね。

―― ブログやレース場でファンの方と交流することで感じることは?

ファンの存在はすごく嬉しいです。ずっと昔から応援してくださっている方のためにも早く結果を出したいですよね。ブログのコメントでも褒めるだけじゃなくて、時にはこうした方が良いんじゃないって言ってくれるんです。今、そういったアドバイスを聞いてうまくいったりもするので有難いです。大切にしたいですね。

── 目標

SGに出ていた頃の感触を取り戻して、感覚のズレを小さくしていきたいです。そしてSG戦線に復帰します! 

── 課題

そのために操縦、メンタル、体重管理など、いろいろな要素1つ1つに真摯に向き合い、問題点を見つけていきます。