レース展望

出場予定選手
一般
第40回京急電鉄社長杯
5/3水 4木 5金 6土 7日 8月

特別戦線で躍動する石渡が連覇を狙う

石渡が平和島GW戦連覇へ。平和島実績上位の中野も主役へ名乗り。東京のスタート王・山田の究極ショット、卓越した整備手腕の村田、久々の平和島参戦で気合が入る後藤にも注目!

 毎年恒例のGWシリーズは、東京支部を代表する豪華メンバーが集結した。主役は昨年大会を見事な逆転劇で制した石渡鉄兵(東京)だ。昨年9月以降芦屋、江戸川、12月児島周年、SGグランプリシリーズで優出、今年も3月江戸川G1ダイヤモンドカップ優出と特別戦優出ラッシュだ。今回は当地GW戦連覇を目指しての戦いとなる。
 打倒・石渡の一番手は、当地G1実績で石渡に勝る中野次郎(東京)だ。昨年の当地SGクラシックで優出したように、モーターが仕上がれば別格の強さを見せる。究極ショットが武器の山田哲也(東京)も忘れてはいけない。最近6カ月の平均STはコンマ12とスタート力はいささかも衰えていない。当地は過去に3連覇したこともある得意水面だ。昨年の周年以来約1年ぶりの参戦となる後藤翔之(東京)は、SGを経験して大きく成長した姿を平和島ファンにアピールしたい。
 整備や強烈な決め手を持つ選手たちも登場。自称・モーター出しマニアこと村田修次(東京)は伸び型の好モーターを引けば鬼に金棒、必ずトップクラスに仕上げてくる。飯山泰(東京)はイン、カドなら先手必勝、真っ先に1マークを先取りする。絶妙なコーナーワークで魅了する作間章(東京)も楽しみだ。

ピックアップレーサー
  • 乙津康志
  • 東京/3463

ページトップ