レース展望

出場予定選手
一般
ボートピア河辺開設22周年記念
4/5水 6木 7金 8土 9日

山田、一瀬、田中、飯山が地元Vを狙う!

原田、益田、宇佐見が今期7点勝率と好調ペース。山下、江夏も手堅く優勝争いへと持ち込む。山本の豪腕ハンドルは健在。北山が地元でA1級初昇格へ挑戦!

 混戦となりそうなシリーズは、地元・東京支部のA1ランカー4名が遠征陣を迎え撃つ形で優勝争いが盛り上がりそうだ。地元トップに指名したいのは飯山泰(東京)だ。当地正月戦「東京ダービー」では序盤に4連勝を挙げながらも負傷帰郷してしまった。その挽回も含めて久しぶりの地元優勝に燃える。山田竜一(東京)も地元水面で気合パンパンの走りを見せてくれる。一瀬明(東京)、田中豪(東京)は手堅くさばいて上位進出だ。
 遠征陣は、児島SGクラシック出場組から山下和彦(広島)、原田篤志(山口)、江夏満(福岡)が優勝争いに参戦する。特に原田は、今期7点ペースの勝率をマークして快調モードで突っ走っている。同じく7点ペースの勝率を確保して飛ばしているのは益田啓司(福岡)と宇佐見淳(愛知)だ。ともに優出ラッシュで上位進出を外していない。
 優出数こそ減っている山本浩次(岡山)だが、確かなハンドルワークは健在だ。A1級復帰へ勝負に出る濱崎直矢(埼玉)の攻撃力も侮れない。調子を落とす大久保信一郎(佐賀)、中越博紀(香川)、是澤孝宏(滋賀)だが、攻め足が整うと強さを発揮させる。初A1級昇格も狙える北山康介(東京)は、地元水面で結果を出したい。

ピックアップレーサー
  • 山下和彦
  • 広島/3562

ページトップ