レース展望

出場予定選手
一般
第20回府中市長杯
4/17土 18日 19月 20火 21水

羽野が当地初制覇を狙う

若手実力レーサーの羽野が頭ひとつリードする。上村、永田、濱崎の関東勢も優勝を狙って突き進む。佐々木、重野、原の静岡勢もスタート、ターンともに切れ味は抜群である。

 若きG1ホルダーである羽野直也(福岡)がファンの期待に応える。2017年の大村周年で初G1制覇を飾り、昨年の宮島グランドチャンピオンでSG初優出と順調にスターへの階段を上る。当地は2016年に初参戦し、いきなり全3連対で優出した水面。年末のSGグランプリシリーズでは、センターから2度の万舟券提供と見せ場を作った。スピードターンで当地初制覇を狙う。
 今節の中で近況最も勢いを感じるのが上村純一(群馬)だ。今年2月の多摩川地区選でG1初優出を果たし、ここまで今期勝率は7点超え。鋭い差しハンドルでバック勝負に持ち込む。地元の永田秀二(東京)は、昨秋の当地周年で準優勝の活躍。G1多摩川地区選も好枠で準優進出と好調だ。濱崎直矢(埼玉)は当地2月戦で連日の1着獲りでVと他を圧倒した。
 静岡勢も好メンバーがそろった。佐々木康幸(静岡)は当地でSG優出歴があり、最近も4節連続優出中。10月戦の優勝戦では、3号艇から意表を突いてイン獲りを見せた。重野哲之(静岡)は当地V3で、水面との相性は抜群だ。原豊土(静岡)もターンスピードがある。
 そのほか、中嶋健一郎(三重)の速攻力も侮れない。大澤普司(群馬)は今期勝率7点を狙えるペースで、丹下将(愛知)も5期ぶりのA1級が視界に入る。

ピックアップレーサー
  • 上村純一
  • 群馬/4645

ページトップ