レース展望

出場予定選手
一般
BTSオラレ刈羽開設4周年記念
8/23日 24月 25火 26水

佐藤が優勝目指して一直線

決定力抜群の佐藤がシリーズをけん引する。野中、馬場はスタート攻勢で攻め立てる。星、椎名の攻撃力も脅威。横澤、河合、杉山、吉田、前田と多彩な技の競演が楽しみだ。

 8月最後の短期決戦は、攻撃派から技巧派まで面白いメンバーが集まった。1走たりとも無駄にすることは許されないため、予選から激しい戦いが予想される。中でもシリーズをリードするのは、超がつく攻撃派の佐藤翼(埼玉)だ。5月戸田、6月浜名湖で2走連続優勝と絶好調。近況はまくり勝ちを連発しており、勢いづいたら止まらない。
 速攻戦なら、野中一平(愛知)と、馬場剛(東京)のスタート野郎も望むところ。2人の近況スタート平均は0.12と、一発の魅力十分だ。星栄爾(静岡)、椎名豊(群馬)も果敢に攻める。
 技巧派も充実している。杉山裕也(愛知)、吉田裕平(愛知)、前田篤哉(愛知)の愛知勢は、鮮やかなまくり差しで魅せてくれそうだ。横澤剛治(静岡)、河合佑樹(静岡)もターンスピードで混戦を抜け出してくる。ベテラン勢もテクニックを披露する。飯島昌弘(埼玉)、大澤普司(群馬)、天野晶夫(愛知)は、冷静に展開を突いて優勝争いだ。柴田光(群馬)は、当地2節連続優出中で水面との相性は良さそう。
 スタート事故からの復活が待たれる若林将(東京)に、当地6月戦でのフライングの汚名返上に燃える、蜷川哲平(東京)の走りにも期待したい。

ピックアップレーサー
  • 高塚清一
  • 静岡/2014

ページトップ