レース展望

出場予定選手
一般
第17回サントリーカップ
7/11土 12日 13月 14火 15水 16木

山崎、新田が力の違いを見せる!

SG覇者の山崎と新田が優勝争いをけん引する。福島、荻野、荒井の東京勢も注目だ。好メンバーそろう東海勢は本多、伊藤のスタート力が脅威。大橋は安定したさばきで上位へ。

 山崎智也(群馬)と新田雄史(三重)のSG覇者2人に注目が集まるロングシリーズ。
 山崎が平和島一般戦に参戦するのは実に15年ぶり。当地はSG優出2回、G1優出6回と実績断然。最近は調子を落としているが、SG11冠の底力で23年ぶりの平和島優勝を期待したい。一方、新田は勝率7.70で今節断トツ1位。1年前の当地ではオール3連対での優勝と、水面との相性も良い。高速ターンで主導権を握る。
 東京勢も優勝争いを盛り上げる。福島勇樹(東京)は、5月常滑でトップスタートを連発し準完全優勝を果たした。その優勝戦で2着に入った荻野裕介(東京)は、道中の追い上げが巧みだ。荒井翔伍(東京)は、5月戸田でオール2連対で2年ぶりの優勝と調子を上げる。加藤政彦(東京)、後藤隼之(東京)の活躍も楽しみだ。
 新田以外の東海勢も好メンバーがそろう。本多宏和(愛知)、伊藤将吉(静岡)はスタート攻勢をかける。好調を維持する大橋純一郎(静岡)、渡辺真至(愛知)も侮れない。石田章央(静岡)、鈴木勝博(愛知)は連続優出を狙う。そのほか、事故禍でまさかのB級落ちとなった黒井達矢(埼玉)も、G1優出歴のある平和島で巻き返し必死だ。

ピックアップレーサー
  • 後藤隼之
  • 東京/4676

ページトップ