レース展望

出場予定選手
一般
オラレ上越開設8周年記念
2/11火 12水 13木 14金 15土 16日

A1級勢が中心も混戦ムード

当地好相性のA1級トリオに期待が懸かるが、近況の勢いなら仲谷、島川、寺本、永田らA2級勢も有力な優勝候補に。金田と濱崎の埼玉コンビは、相性の良さを生かすか。

 同時期に各地区選が行われているため、A1級レーサーは田中和也(大阪)、吉田一郎(長崎)、三浦敬太(東京)の3名のみ。いずれも新期に入ってやや低調気味だが、田中は当地2連続優出中で、2走前には優勝している。吉田は当地3走前に優勝し、三浦も前回お盆戦では地元強豪を撃破して当地初優勝を飾っている。当地で好成績を残すA1級トリオが、ここでも優勝争いをリードする。
 A1級勢とは対照的に、新期に入ってリズムを上げているのがA2級勢だ。仲谷颯仁(福岡)はまさかのA2級降格となったが、原因はフライングによる出走回数不足のため。F休みを消化した今期は、各地で優出ラッシュと反撃を開始している。島川光男(広島)も12月宮島での優勝から上り調子で、今期勝率は7点台に乗る好調ぶり。ほかでは、12月尼崎で優出した寺本重宣(東京)、福岡正月戦で優出の永田啓二(福岡)、各地で堅実戦を展開する森貴洋(大阪)らは、いずれもA1級復帰へ好ペースの走りが続く。
 杉山貴博(東京)は当地連覇の実績があり、A1級復帰に向けて地元水面でペースを上げたいところ。金田諭(埼玉)と濱崎直矢(埼玉)の埼玉コンビも当地好相性で、金田は前回11月戦で優勝し、濱崎は2連続優出中だ。
 女子勢では、メキメキと力をつける土屋実沙希(静岡)、一発の魅力ある池田浩美(静岡)の両者が、配当面で妙味か。

ピックアップレーサー
  • 金田諭
  • 埼玉/4036

ページトップ