レース展望

出場予定選手
一般
第58回サンケイスポーツ杯
1/11土 12日 13月 14火 15水 16木

安定感抜群の江口が巧腕発揮!

長年に渡って高勝率をマークする江口が中心。石渡が気迫あふれる走りで迎え撃つ。充実ぶりが際立つ中辻、新期好発進を決めた佐藤、梶野も上位の一角だ。

 大ベテラン・江口晃生(群馬)が、熟練の技でシリーズを引っ張る。前期も8期連続となる7点勝率をマークし、10月G3桐生では期間3度目の優勝を決めて好調そのもの。当地もSG1回を含む通算優勝数3回と実績十分だ。
 その江口を、地元総大将の石渡鉄兵(東京)が迎え撃つ。当地前回のG1周年では予選敗退と苦杯を舐めたが、4日目以降は意地の走りで3勝した。今節は地元の看板を背負うだけに、相手が誰であろうと負けられない。
 近況の充実ぶりでは、前期に自身初の勝率7点台を叩き出した中辻博訓(福井)が、11月当地で早くも今期初優勝を飾るなど上昇の一途だ。佐藤大介(愛知)は12月多摩川で、梶野学志(東京)は11月鳴門でともに優勝して新期好発進を決めている。秋口から優出ラッシュと好調な北村征嗣(大阪)も、上位争いを外さない。当地で好走続く西山昇一(愛知)と天野晶夫(愛知)の愛知コンビは、前回に続く連続優出を狙う。近隣勢の藤生雄人(群馬)も、当地は優出が多い。
 最近はA2級に甘んじている大賀広幸(山口)と西村勝(埼玉)だが、その現状を打破するだけの地力はある。滝沢芳行(埼玉)は大ケガで7カ月の長期欠場を余儀なくされ、今節が復帰3節目だが、SG優出歴がある得意水面なら元気な姿を見せてくれそう。ほかでは、関口智久(埼玉)、金子貴志(福井)の巻き返しにも期待する。

ピックアップレーサー
  • 関口智久
  • 埼玉/3992

ページトップ