レース展望

出場予定選手
一般
オラレ上越開設7周年記念
2/28木 3/1金 2土 3日 4月

当地ダービー王・深川が参戦

当地ダービー王・深川が好調。「優勝請負人」と呼ばれた伊藤も強さを見せる。高い攻撃力を誇る柳生、島村、森野も優勝争いに参戦。地元の佐藤は伸びを仕上げてまくり勝負。

 2017年の当地SGダービー王・深川真二(佐賀)が登場する。昨年はF2の影響が響き、出走回数不足でのA2級降格と大舞台での活躍は少なかったが、優勝6回をマークと勝負強さは健在。我が道を行く大胆な進入と豪快なハンドルワークは、一般戦では実力断然の存在だ。1月の戸田では7戦6勝の準パーフェクトVと、新年早々優勝を飾っており、V量産を予感させるだけのデキにある。
 2017年は「まさか」の優勝ゼロで終わった伊藤将吉(静岡)だが、昨年は優勝4回とかつて「優勝請負人」と呼ばれた強さが復活してきた。当地は過去に優勝歴があり、相性も悪くはない。先手必勝の平和島水面を得意の速攻戦で押す。
 柳生泰二(山口)、島村隆幸(徳島)、森野正弘(山口)は勢いづけば1着を並べる高い攻撃力が魅力だ。機技の歯車がガッチリと噛み合った走りができれば、優勝戦まで突き進んで行く。A1級に復帰を果たした南佑典(三重)と森竜也(三重)もレースを面白くする。初のA1級昇格に成功した高倉和士(福岡)の走りにも注目したい。
 長期のF休みから戦線復帰した地元の佐藤大佑(東京)が遠征陣を迎え撃つ。モーターを伸び特化型に仕上げ、まくり一撃で平和島ファンを魅了する。

ピックアップレーサー
  • 佐藤大佑
  • 東京/4610

ページトップ