レース展望

出場予定選手
一般
第17回府中市長杯
11/8木 9金 10土 11日

西島がSG7勝の底力を見せる

4日間の短期決戦はインの鬼・西島と、変幻自在な山口がリード。上條のスピード戦にも注目だ。桑原、荒井、秋山も上位争い。地元の三浦と荻野が遠征陣を迎え撃つ。

 SG7勝の実績が輝く西島義則(広島)が登場する。枠番、相手を問わずにスロー水域を奪いに行く「インの鬼」ぶりはまだまだ健在で、近代のボート界をけん引してきた第一人者であることは、誰もが認めるところだ。当地は過去3節走って優勝1回、優出1回と相性が良いのも大きなプラス材料となる。今節も主役の座は譲らない。
 山口達也(岡山)も有力な優勝候補。記念をコンスタントに走っているだけに、モーターとプロペラ調整に関しては常に時代の最先端を行っている。今や代名詞にもなっている「あっ」と驚く進入や奇襲策にはファンも多い。上條暢嵩(大阪)は2016年後期に初めてA1級へ昇格。その後は1度も降格することなくA1級をキープし続けている。10月の三国G3企業杯ではオール3連対で優勝と勢いもあり、互角以上の戦いで優勝争いを繰り広げる。
 桑原悠(長崎)も2期連続A1級が有力と調子を取り戻してきた。技の引き出しが多い荒井輝年(岡山)、秋山広一(香川)も上位争いは必至。昨年のお盆戦を優勝した前田光昭(埼玉)は当地連覇をにらんでの戦いとなる。
 地元勢では三浦敬太(東京)と荻野裕介(東京)に期待だ。三浦は速攻派、荻野は技巧派とタイプこそ違うが、地元水面に懸ける思いは同じ。地の利を最大限に生かして遠征陣を迎え撃つ。

ピックアップレーサー
  • 有賀達也
  • 埼玉/4428

ページトップ