レース展望

出場予定選手
一般
マンスリーBOATRACE杯〜Tokyo Nextからの挑戦状 A1級VS東京支部〜
9/22土 23日 24月 25火

ターンの魔術師・重成が圧倒!

A1級VS地元B級の対決シリーズは、SGで活躍する重成、石川を中心に、岡村、吉田、藤岡らA1級が1着を並べるか。小林、尾形ら東京支部のB級選手たちの奮闘にも期待したい。

 全国のA1級レーサー8名に対して、地の利を生かす東京支部のB級レーサーが総力を挙げて挑む企画レースだ。予選期間はA1級選手1人対B級選手5人の番組が実施される。A1級選手を狙い続ける本命党ファンも、B級選手を狙って「一発逆転」を狙う穴党ファンも楽しめるレースとなっている。
 重成一人(香川)がA1級の8選手を引っ張っていく。6月の徳山SGグランドチャンピオンでは予選を上位で突破して、準優は3着と実力の高さを改めて見せつけていた。
 福岡支部のA1級レーサーにも強豪がズラリ。石川真二(福岡)は下関のお盆レースで10連勝パーフェクトVと絶好調の状態で参戦してくる。岡村慶太(福岡)は今年優勝4回と勢いがあり、2016年の最多勝利選手・渡辺浩司(福岡)もコースを問わない攻撃力を発揮して1着量産態勢に入る。
 兵庫勢も名うての実力派レーサーが参戦。G1優勝3回、SG優出5回の実績がさん然と輝く吉田俊彦(兵庫)がリーダー格だが、藤岡俊介(兵庫)、小坂尚哉(兵庫)も高い攻撃力を発揮して東京勢を圧倒する。2期連続でA1級キープに成功して実力が安定してきた三好勇人(香川)も東京勢には負けられない。
 小林泰(東京)、尾形栄治(東京)が地の利を生かしてA1級レーサーに食らいついていく。阿波勝哉(東京)の「一撃」は伸びの仕上がりが鍵となるだろう。スリットの行き足と展示タイムに注目して欲しい。

ピックアップレーサー
  • 石川真二
  • 福岡/3473

ページトップ