レース展望

出場予定選手
一般
オラレ刈羽開設2周年記念
8/16木 17金 18土 19日 20月 21火

静岡支部が平和島で大暴れ!

大場を筆頭に伊藤、横澤、星ら静岡支部から強豪が大挙参戦する。迎え撃つのは調子を上げてきた若林と山本。藤原、島田ら女子のダッシュまくり一撃にも期待。

 静岡支部の強豪選手が大挙参戦する今シリーズ。平和島では風の攻略が重要。となると、当地で2回の優勝歴を持つ大場敏(静岡)は優勢だ。前回戦でも優出と好成績を残している。風への対応力は十分あると考えて良い。大場は昨年4優勝、同じく当地優勝している伊藤将吉(静岡)も2015年、2016年と2年連続で年間6優勝しており、大一番での勝負強さは魅力だ。
 スピードなら横澤剛治(静岡)も負けてはいない。2008年の当地SGオールスターで優出、近況は7月三国G2で優出とリズムが良いのも好材料だ。 
 勢いに乗っているのは星栄爾(静岡)。今年は1月のびわこ、3月児島と丸亀、6月の唐津で優勝して早くも優勝4回、年間1着数でもベスト10に入っている。来年の戸田SGクラシック出場へ、5回目の優勝を狙う。一時の不振から脱出して2期連続でA1級をキープした大橋純一郎(静岡)も上位進出は外さない。
 地元の看板を背負って戦う東京勢にも優勝のチャンスは十分だ。若林将(東京)は5月の徳山、6月の江戸川で連続優出と調子を上げてきている。前回のG3企業杯で優出2着だった山本英志(東京)も約2年ぶりの優勝へ燃えている。
 モーターの回転が上がらない夏場は、軽量の女子の活躍も多い。藤原菜希(東京)と島田なぎさ(埼玉)が、ダッシュからのまくり一撃で波乱を起こすか。

佐々木康幸選手(静岡)は欠場となりました。

ピックアップレーサー
  • 星栄爾
  • 静岡/4216

ページトップ