レース展望

出場予定選手
一般
おおた水辺にぎわい競走
3/10土 11日 12月 13火 14水 15木

齊藤が4年ぶりの当地優勝に挑戦!

1月周年で優出した齊藤を、当地巧者の中澤が追う。1月の江戸川優勝で調子を上げてきた平尾や、当地連続優出中の金子も優勝争い。当地連覇を狙う宮地にも注目だ!

 1月の当地63周年で優出した齊藤仁(東京)を地元・東京支部のリーダー格に指名する。1着、2着数とも出場メンバートップ、当地の走りは熟知している。通算7回目の当地優勝を狙ってシリーズを引っ張る。
 当地はSG、G1優勝を含め優勝7回と齊藤を上回る実績を持つのが中澤和志(埼玉)だ。ややムラな面も否めないが、ツボにハマったときの攻撃力は超がつく一級品。2019年3月に戸田で開催されるSGクラシック出場へ優勝を重ねていきたい。
 実力なら平尾崇典(岡山)も負けておらず、今年1月の江戸川で優勝を飾って調子を上げている。初日に選手責任の失格をして優出を逃した前回戦(昨年12月)のリベンジを果たしたい。今期は7点勝率をマークしている金子龍介(兵庫)にも注目だ。当地は連続優出中と水面相性も良く、今回も大きな期待が懸かる。
 前回戦(昨年8月)を鮮やかなまくり差しで優勝した宮地元輝(佐賀)が、当地連覇を胸に秘めて登場。代名詞でもある思い切りの良いスリットで1マークを先手と攻め立てる。ほかにもモーター調整力が魅力の武田光史(福井)に、昨年は優勝3回と勝負強さを見せた樋口亮(長崎)も優勝争いに加わるだろう。
 地元ではスランプ脱出のキッカケをつかみたい伯母芳恒(東京)と、自身初となるA1級昇格が見えてきた佐藤大佑(東京)のスタート攻勢に注目だ。

ピックアップレーサー
  • 伯母芳恒
  • 東京/3656

ページトップ